日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
06 // 2017.07 // 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
お目出たき人/武者小路実篤
お目出たき人 お目出たき人
武者小路 実篤 (1999/12)
新潮社

この商品の詳細を見る


武者小路実篤、読んでみた。
始めは、文章がやっぱり肌に合わねぇです、無理だすってギブアップしそうになったけど
読み進むうちに慣れてきて、実篤ワールドを堪能。
1回読んだだけでは、いまいち?だったので再読。

思っていたよりイイっ!他の本も読んでみよう。

それにしても主人公・・・。すごいな・・・。
ほんと「お目出たき人」ポジティブー。つか自己中ー。

自分が鶴だったら引くな・・・、ドン引き。
と思いつつ主人公の気持ちもすごくわかる。

以下、引用↓
主人公が若夫婦を公園で見かけて
幸福を祝するより羨ましく思い、羨ましく思うより呪った。
淋しい自分の心の調べの華なる調べに乱される時、その乱すものを呪わずにはいられない。
彼等は自分に淋しさを面のあたりにさせ痛切に感じさせる。
失恋の旧傷を痛める。
祝しようと思うのだが面前に見ると、ややも呪いたくなる。
自分は女に飢えているのだ。

って文章があって、あたすも離婚ってことになってから
カップルとか見ると「ち、ちくしょー」と思ったりする(笑
呪いはしないけど(笑
淋しさが倍増するのを痛切に感じる。幸せに飢えてるんだと思う。
こんな気持ちになってしまう自分が歪んでると思っていたりしたので
すごく主人公の気持ちに共感を覚えたりした。


主人公の名前を出さない手法って昔からあるのだね。
原点はどこなんだろ?


「人生論」「友情」「愛と死」読みたい。つか欲しい。買おうかな。


てか寝なきゃなのに、全然眠れない・・・。


No:00090



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

【2006.12.07 (Thu)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 探偵は今夜も憂鬱/樋口有介 | BLOG TOP | 弥勒の掌/我孫子武丸 »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/88-cef016b8
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。