日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
07 // 2017.08 // 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
片想い/東野圭吾
片想い 片想い
東野 圭吾 (2001/03)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


性同一性障害がメインテーマの話し。


今まで、知らなかったことがたくさんあった。
読んでて苦しくなる本だったなぁ。切なくて。

日本って、やっぱり未だに閉鎖的な国で人と違うことを理解しにくい国なんだよなーと改めて。
それが、悪いところでも いいところでもある訳なんだけど。

話しの展開としては、東野圭吾 さすが!って感じで、楽しく読めますた。

殺人事件を巡っての話しなんだけど基本的には、人と人との繋がりの話し。
ただのミステリーではなく深い本ですた。


しばらく読書は自粛になりそうです(泣
最後の1冊は、友達に借りた「博士の愛した数式」


No:00079
スポンサーサイト

【2006.11.14 (Tue)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 博士の愛した数式/小川洋子 | BLOG TOP | 嘘をもうひとつだけ/東野圭吾 »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/77-e3ffb685
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。