日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
09 // 2017.10 // 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
秘密/東野圭吾
秘密 秘密
東野 圭吾 (2001/05)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


うん、面白い。

ラスト「はッ!」とした。そうか、だからタイトルが秘密なのかぁ、すごい。
予想だにしない展開で、そうきたかぁ。と ただただ感心。

読む前は、特に感じなかったけど読み終わって、映画化されているから映像でも見てみたいなぁと思った。
直子とモナを、どうやって演じるんだろうって。

加害者の家族(どちらかといえば被害者)と結婚するってのは皮肉だなぁ。。。


途中のお父さんの直子(モナ)への干渉が過ぎてしまうところとか胸が痛くなった。
手に取るように気持ちがわかる。
複雑すぎるもん、お父さんの気持ち。娘であっても奥さんだし。
加害者の家族の話しきっかけで、お父さんがその気持ちに整理をつけて
直子に「ごめん」って言うところも泣ける。

直子の決断までの気持ちの葛藤は記述されていないけど
直子なりに出した決断は、直子的には苦渋の選択だったんだろうなぁ。
これまた胸が痛い。

ラスト、涙をこらえるのが大変ですた。


うーん、読んで良かった。ほんとに良く書かれてる。はなまるの小説。



No:00076
スポンサーサイト

【2006.11.06 (Mon)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 悪意/東野圭吾 | BLOG TOP | パズル・パレス/ダン・ブラウン »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/74-879fb17d
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。