日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
09 // 2017.10 // 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
どちらかが彼女を殺した/東野圭吾
どちらかが彼女を殺した どちらかが彼女を殺した
東野 圭吾 (1999/05)
講談社

この商品の詳細を見る


東野圭吾のミステリーを初めて読んだ。うん、面白い。

途中から、兄さんの復讐かぁ・・・よくない展開だぞと思ったけど
終盤からガッツリ盛り上がってきてグー。

犯人が、あっちいってこっちいって・・・かと思ったら またこっちきて
あっちいって。
おー、どれが真相じゃ~てな感じで。
おいおい結局自殺かいっ!と思ったら、こっちが犯人です。みたいな。
えー、こっちじゃなくてあっち~?的な。

読んでて最後の方、すげー面白かった。

読み終わって、題名と表紙に納得。ナイスチョイスです。

東野圭吾の本って、まだ5冊しか読んだことがなくて
まだまだ読んでない本がたくさんあるので嬉しい。
取り急ぎ読みたいのは・・・「手紙」と「秘密」。
「白夜行」も東野圭吾なんだー。へー。
どんな話しかは知らないけど、ドラマになってた記憶が。
「秘密」も映画になってたよね、確か。広末が出てた?
「手紙」も映画になったし。映像化しやすいのかな?
というよりイイ本を書く人なんだろうな。うーん楽しみっ♪

次も東野圭吾のミステリーを読む予定。
あと、同期が本を貸してくれたので、それも読まねば。

勉強しなきゃいけないのに。勉強し始めたら本、しばらく読めなくなるなーとか思ってしまう。
自分が勉強しないのを、ちと本のせいにしてみたりして。
我ながら情けない。
勉強して資格とったら、それからは一生本を好きなだけ読み続ければいいだけの話なのに。
たった半年の我慢なのに。おもーい腰が持ち上がらんっ!

今のとこ自分的にハズレのない作家。ひがしのりん大好き。


No:00068
スポンサーサイト

【2006.10.21 (Sat)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 超・殺人事件―推理作家の苦悩/東野圭吾 | BLOG TOP | 夢のなか、いまも/宮崎勤 »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/66-ae0172f5
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。