日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
09 // 2017.10 // 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
天使と悪魔/ダン・ブラウン
天使と悪魔(上) 天使と悪魔(上)
ダン ブラウン (2003/10/31)
角川書店

この商品の詳細を見る


うん、おもしろい。
読もう、読もうと思っていたけど、なかなか手に取るタイミングがなくて。

始めは、本に入り込むのに時間がかかったけど、入り込んだらまっしぐら!
旅行に、ハードカバー2冊持っていくのもどうかと思ったけど
飛行機の中とかの時間つぶしには最適だったわぁ。

ラスボス推理は当たってた。わーい。
こ、こいつ怪しいぜ!ってのがプンプンしていて、ラスボス暴露の時には
読みながら心の中で小さくガッツポーズw
直前で、違うやつがラスボス?ってなったときには
こ、こいつだったのか・・・?やられたー!と思ったりもしたけど。

スケールのでかいストーリーで、おもしろい。
こういうのって日本にはないジャンルだと思う。あたしの知識が薄いだけかもしれんが。
歴史小説とも違うし。そーいえば、一時期歴史物にはまったなぁ。
宮本武蔵とか織田信長とか新撰組とか。

このイルミナリティの紋章とかって実際にあるのかな?
ないのだとしたら、よく考えたなー。

ダビンチコードもそうだけど、ヨーロッパにいって絵画とか建造物とかを
見に行きたくなる。この目で見てみたい。
いつか、行こーっと。


No:00058,59
スポンサーサイト

【2006.09.25 (Mon)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 乱鴉の島/有栖川有栖 | BLOG TOP | 倒錯殺人/ジョン・ダニング »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/58-5a4ea7ac
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。