日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
06 // 2017.07 // 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
薄闇シルエット/角田 光代
薄闇シルエット (角川文庫)薄闇シルエット (角川文庫)
(2009/06/25)
角田 光代

商品詳細を見る


ものすごく好き、この本。

多分、この本を読んで激しく心を揺さぶられる人がいるはず。
あたしは、その中の一人だった。

ハナちゃん。
これまた、賛否両論になりそうな女性。
あたしは、共感および好感を持てた。

なんか、強がっちゃうとことか、「うー、わかる」
基本的に、自分勝手、自分本位な女性としか映らないかもしれない。


読んでいて、何年後かの自分を見ているようで、なんとも。
空虚感?


女性でも、全く共感できないタイプの人もいると思う。
男性が読んだら「?」だとすら、思う。
がしかし、激しく共感、投影してしまうあたしみたいなタイプの人も。


母親が亡くなったあたりの章を読んだあと、嗚咽。
自分でもわからないけど、なぜか嗚咽。
(一人だったので)子供みたいに「えーん」と声を出して泣いてたよ。 謎。

思いっきり泣きたかったのかもしれない。
たまたま、この本が、その背中を押してくれた感じ。


大親友とも、やっぱり、
時間や環境の相違で、2人の関係が変わっていく。
こういうところも、なんか胸に響いて、心が痛かったよ。



あー、ツボな本でした。


No:00448 ☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

【2009.08.09 (Sun)】 ☆☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 「食べない心」と「吐く心」―摂食障害から立ち直る女性たち/小野瀬 健人 | BLOG TOP | 酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記/恩田 陸 »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/453-c12612de
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。