日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
10 // 2017.11 // 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
カシオペアの丘で/重松 清
カシオペアの丘で(上)カシオペアの丘で(上)
(2007/05/31)
重松 清

商品詳細を見る

カシオペアの丘で(下)カシオペアの丘で(下)
(2007/05/31)
重松 清

商品詳細を見る


「本屋大賞2008」ノミネート作品シリーズ。

この本が、10位の意味がわからない。 1位っしょ!
って、まだ10冊中2冊しか読んでないけど。 「八日目の蝉」を読んだ。
他のノミネート作品に、期待度大々!です。


えー、大号泣です、はい。 
下巻なんて、「うぉっ。うぉっ。」と嗚咽を漏らしながら、文字通り「号泣しながら」読みました。
下巻、中盤から泣き通し。
苦しい。読み終わった今も、胸が苦しくて気持ち悪い、泣きすぎた。


あたし、こういう本、弱いわ。
上巻で、涙がツーツツツーと流れ始めたとき、
「これ誰の本だっけ?」
「重松 清。」
「やっぱり。」 と、思った。
なんか、この号泣っぷり、この何ともいえない心の苦しさ、「その日のまえに」を読んだ時の事を思い出した。


癌を宣告され余命短いシュン、
あることから車椅子生活のトシ、
紅一点ミッチョ、
皆のムードメーカーユウちゃん

幼なじみ4人の話し。

もうシュンが、「癌で余命短し」って時点で、自分の亡き父親とリンクしてしまって、無理。号泣。


色々思うことはあるけれど
あたしにも「ゆるされたい」ことや、「ゆるしたい」ことが、ある。
今まで意識して、考えたことはなかったけど、この本を読んで、考えさせられた。

「心の底では許したい相手を、ずっとゆるさないで生きていくことは、寂しいことだろ?
誰かを憎んだり恨んだりするのを支えに生きるのって、やっぱり寂しいことだろ?」
トシの言葉、胸に響く。 うん、そうだ。

「覆水盆に返らず」
川原さんの言葉。 うん、うん。


この本、もっと心が元気な時に読んだほうがよかった。
ものすごくテンション下がった。


すごく素敵な本だけど、あたしにはキツイなぁ。


なにはともあれ、「OfTheYear」ノミネート。

No:00286,287 ☆☆☆☆☆
にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

【2008.04.22 (Tue)】 ☆☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55/古市幸雄 | BLOG TOP | 北欧スウェーデンのかわいいモノたち/山本 由香 »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/291-7b2212d9
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。