日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
07 // 2017.08 // 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
ひとり日和/青山 七恵
ひとり日和ひとり日和
(2007/02/16)
青山 七恵

商品詳細を見る


なんというか重いけど、軽い。軽いけど、重い本。

読んでて重いなぁと思うけど、読み終わった後、重さは残らない。
主人公の日々の生活が綴られているだけだから軽い感じなんだけど、内容は重かったりする。

何が重いって、主人公の性格が歪んでいるところ。
同居しているお婆さんや、お婆さんの恋人のお爺さんに対する態度とかね。
読んでいて、「それは、ちとキツイ。あたしがお婆さんなら胸痛い。」と
胸がね、痛暗くなったりしました。
手癖が悪いってのも、なんというか いたたまれない。

この主人公の性格は、読む人によって白黒分かれる気がする。
嫌な人は、嫌だと思う。
あたしの場合、なんていうか この主人公の暗さ、歪みっぷりが嫌いじゃない。

ふと「死にたいな」ってつぶやいちゃうところとか、「あっ。わかる。」と思ったし。

主人公が歪んでいる分
回りのお婆さんや母親が、微笑ましく思えた。


女流恋愛作家は苦手だけど、女流作家は苦手じゃない。得意じゃないけど(笑


No:00233
にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

【2008.01.10 (Thu)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« マザコン/角田 光代 | BLOG TOP | 号泣する準備はできていた/江國 香織 »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/241-f34472b4
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。