日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
07 // 2017.08 // 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
当確への布石/高山 聖史
当確への布石当確への布石
(2007/06)
高山 聖史

商品詳細を見る


「このミス」シリーズ。

これは、面白いぞ。
主人公は多分、新人立候補者「奈津子」なんだろうけど、
サブ主人公の元刑事探偵「栄治」の動きがとても良かったね。

犯罪被害者がキーワードになっていて、実は結構重かったりするけど
視点は「選挙活動に勝つ!」ってことにフェードされていて、うまいなと思った。

ただ、「奈津子」の過去のくだりは、読んでいるときは「必要あるか?」と思った。
でも読み終わって思ったのは、やっぱり必要だったのかも、と。
親と再会するとこに、より意味が出てくるし
どうして奈津子が犯罪被害者にこだわるのかが明確になるわけだし。


奈津子陣営の選挙活動がのってきた時に「緑の風」って表現しているところがあって
あたしの住んでいるところにも、同じようなのがいたなぁ、と。

ピンクをイメージカラーにした女性立候補者。
自転車の後ろにピンクの旗つけて、ピンクのジャンパー着て走ってたな、と。
明らかに学生風の男の子も後援会にいて、自転車で走っていたよ。
この主人公にリンクするところがあって、ふと、そんなことを思い出してしまった「ピンクの風」
かなり、通行の邪魔だったけど。


朝から一気読みするほど、ちと面白かった。


No:00228 ☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

【2007.12.22 (Sat)】 ☆☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 旅はゲストルーム/浦 一也 | BLOG TOP | 夜明けの街で/東野 圭吾 »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/235-c4ba66ff
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。