日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
10 // 2017.11 // 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
夜明けの街で/東野 圭吾
夜明けの街で夜明けの街で
(2007/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る


物語が始まって半分くらい主人公の不倫の話しがメインだったから、読んでてキツかった。
「嫁の立場になれよー。この先、どうなるんだよー。
胸痛いよー。おいおい、思い出しちゃうじゃんかよー。」とな。
だから、途中で読むのやめようかな、と思い3日ほど放置プレイ。

でも、東野圭吾だし、このまま不倫の顛末を書いて終わりってことはないだろうと思い
再度、読み進める。ボチボチ面白かった。

主人公が事件の謎を追うべく、あたふたし始めたところぐらいから
「やっと、不倫バナシからシフトチェンジしたよ。やれやれ。」

最後の最後で、この犯人のまま終わらないだろうな、と思ったけど、案の上でした。
ハッとするような展開ではないけれど、これはこれで面白いんではないかと。


なんで、あんだけ冒頭から不倫をキーワードにしてきたかってことが最後にわかるんだけど
結構、強引。
最後に繋げるんであっても、不倫バナシで あんなにページを割く必要はあるのかと。


奥さんがサンタ卵を潰していたってところに、奥さんの苦しさが非常によくわかり
やっぱり主人公に嫌悪感。 主人公を好きになれない小説って嫌だ。
まぁ、百歩譲って元鞘に戻ったからいいけど、犯した罪は消えないぞ、と。
一生、表には出なかったとしても、わだかまりは残るぞ、と。


この本を読んで一言:不倫、断固反対!


最後の「番外編 新谷君の話」が一番面白かったかも(笑




No:00227 ☆☆☆
スポンサーサイト

【2007.12.22 (Sat)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
« 当確への布石/高山 聖史 | BLOG TOP | 最愛/真保 裕一 »
この記事に対するコメント
こんちはー。
私もついさっきこの本を読みました。
東野さんの「新境地にして最高傑作」って書いてあったので、かなり期待して読みましたが、不倫をテーマにしてる割には読みごたえがなくて残念でした。
主人公に私も嫌悪感を感じました。
実際にああいう男の人結構いそうだなー。
【2007/12/23 ()】 URL // sonatine #- [ 編集 ]
こんばんはー。

>新境地にして最高傑作
そうだったんですか、知りませんでした(^_^;
新境地と言えば、新境地。 最高傑作と言えば、うーむ…。

>読みごたえがなくて残念
同感です。
なんか、もう少し起伏があってもいいんじゃないかな、と。
まっすぐな棒のまま終わってしまったような。もったいない。

次回作に期待!ですね♪
【2007/12/26 ()】 URL // はあさっこ #mQop/nM. [ 編集 ]
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/234-8257cbc3
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。