日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
10 // 2017.11 // 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
最後に咲く花/片山恭一
最後に咲く花 最後に咲く花
片山 恭一 (2005/04)
小学館

この商品の詳細を見る


やっぱ、せかちゅーの作者ですた。

いまいち、面白くなかった。つか、おもしろくなかった。
なんで手に取ったのかも不明。表紙が気になったのかなぁ。
途中で、読むのやめよかと思ったけど、それは出来ねぇってことで完読。 すげー、時間かかたったけどw
基本的に、恋愛系のフィクション物って好きくない。だから、この本 合わなかったのかも。
主人公の仕事絡みのくだりとかも、全然おもしろくない。
良かった点は・・・・友人の失踪のとこと、彼女に別れを告げるところかしら。
そういえば、せかちゅーも読んだとき?だったし。
なんで、この本こんなに売れてんの?ってね。

本の中の、別れを切り出された彼女の
「一人で生きてくことに慣れなきゃいけない。
若い頃はずっとそのつもりだった。あなたと出会って、二人もいいなと思うようになった。
ようやく二人の人生に慣れ始めたところだったのに・・・また一人で生きてくことに慣れなきゃならない」
みたいな台詞に、大いに共感。
あたしも一人で生きてくことになれなきゃな。


No:00019
スポンサーサイト

【2006.06.27 (Tue)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 町長選挙/奥田英朗 | BLOG TOP | 空中ブランコ/奥田英朗 »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/12-b7bf9b51
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。