日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
08 // 2017.09 // 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
赤い指/東野圭吾
赤い指 赤い指
東野 圭吾 (2006/07/25)
講談社

この商品の詳細を見る


ふむ、面白い。一気に読んでしまうま。

最後、このままうまくいくはずがないと思って読み進んでやっぱりなー、と。

痴呆のお婆さんを犯人にしたてあげようとする家族・・・。
むむん。これは、嫁が発案したんだろうけど旦那にとっては自分の親なんだから突っぱねて欲しかった。
いくら自分の子供をかばうためであっても。

八重子は人として論外だから置いといて、昭夫が もっとしっかりしてれば、こんな事態にはならない話。
最後の最後で昭夫の良心が勝ったのでよしとしよう。

でもこういうことって起こりうるんだろうな、今の時代。

杖のくだりはグッときたなぁ。
将棋のくだりも最後にワンポイント、いい締め方になってる。

最後まで読んで、タイトルに納得。
ふむ、さすが東野圭吾。


No:00109
スポンサーサイト

【2007.03.05 (Mon)】 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
« 本田宗一郎夢を力に―私の履歴書/本田宗一郎 | BLOG TOP | すべての愛について/浅田次郎 »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://haasacchi.blog69.fc2.com/tb.php/112-8c63550c
東野圭吾東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、大阪府大阪市生まれの小説家。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
ミステリー館へようこそ 【2007.03.06】
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。