日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
04 // 2010.05 // 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
深川駕籠/山本 一力
深川駕籠 (祥伝社文庫)深川駕籠 (祥伝社文庫)
(2006/04)
山本 一力

商品詳細を見る


「駕籠舁き」が主役のハナシ。新太郎と、尚平。

これまた、新太郎が、魅力的な人柄で。
ちょっと、熱くなりすぎるところが、たまに傷でやんすが。

ライバル4人で、脚の速さを競う展開に。
しかも、誰が優勝するかを町人達が賭けて、町全体を盛り上げよう的な展開で。

4人が勝負し始めたところから、すこぶる面白くて
先が読みたいんだけど、読みたくない。っていう(笑) どんだけ。

手に汗握った。


しかーも「損料屋の喜八郎」が、ひょっこり登場したりして。
思わず、ニヤリ。

「粗茶を一服―損料屋喜八郎始末控え」がハードカバーだったから
粗茶を自宅、深川駕籠を通勤中、と 並行で読んでいたのです。

粗茶の方にも、餅つき道具のハナシがひょこっと書いてあった。



この文庫の「解説」好き。


No:00537 ☆☆☆☆


駕籠2作目、早速読もっと。


スポンサーサイト
【2010.05.27 (Thu)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
粗茶を一服―損料屋喜八郎始末控え/山本 一力
粗茶を一服―損料屋喜八郎始末控え粗茶を一服―損料屋喜八郎始末控え
(2008/10)
山本 一力

商品詳細を見る


喜八郎シリーズ第3弾。

やっぱり、喜八郎、好きだなー。

今回は、タイトルの「粗茶を一服」が秀逸でした。
この章の主役は、伊勢屋。いやー、粋です。

最終章の「十三夜のにゅうめん」も、超短編なのに、
良くまとまっていて、話しも好きだす。


最初の章の3メートルの張りぼて招き猫。
この時代で、3メートルの招き猫は、腰抜かしちゃう。
てか、夜な夜な夢に出てきそう(笑)


No:00536 ☆☆☆☆


一力、初ハードカバー。
【2010.05.27 (Thu)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
だいこん/山本 一力
だいこん (光文社文庫)だいこん (光文社文庫)
(2008/01/10)
山本 一力

商品詳細を見る


んはっ。面白い。

珍しく女性が主人公です。
ご飯屋を経営する、「つばき」が主人公。

読み始め「ん?んん? あんまり好きな感じじゃない」と思って、一度読むのを止めました。

がしかし、がしかし。
「いやいや、ちょっと待て。もうちょっと読んでみよう」と思って、リスタート。

やっぱり、面白かった(笑)


喜八郎もそうだけど、主役のつばきの人柄にグングン惹かれる。

相変わらず、山本一力の食事の描写が巧い!
つばきの一膳飯屋「だいこん」で、食事がしたーい。
お惣菜が、大皿に盛ってあって、ほかほかごはんに、裏庭で育てた大根の漬物。ふはー。



この本も、家族っていいなーと、ほっこり。
にしても、つばきの父・安治。要所要所で、冷や冷やさせられるわい。


No:00534 ☆☆☆☆


【2010.05.26 (Wed)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
銀しゃり/山本 一力
銀しゃり[文庫] (小学館文庫)銀しゃり[文庫] (小学館文庫)
(2009/07/07)
山本 一力

商品詳細を見る


ぬほー、面白い(笑)

現代で言うところの寿司屋バナシ。鮨職人・新吉。

「あかね空」のときも思ったけど
山本一力の食べ物の描写って、すごくそそられる。

この本の、
竹にしまってある季節外れの柿とか、ものすごく美味しそう。
もちろん新吉のお寿司も、美味しそうだなーって。


山本一力さんの本は、心が曇らない。って、前に書いたんだけど、
不穏な空気が流れた時も、なんか安心して読める。



主人公の真っ直ぐさが、たまらない。



No:00534 ☆☆☆☆


秋之助もサイコー。


諸事情により、一力休憩か。

【2010.05.20 (Thu)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
赤絵の桜―損料屋喜八郎始末控え/山本 一力
赤絵の桜―損料屋喜八郎始末控え (文春文庫)赤絵の桜―損料屋喜八郎始末控え (文春文庫)
(2008/06/10)
山本 一力

商品詳細を見る


損料屋喜八郎シリーズ。

ふはー、面白い。面白い。
ぐんぐんぐんぐん。あっという間に読了。


伊勢屋と政八も、粋なことするねー。


No:00533 ☆☆☆☆


まだまだ、一力月間です。
【2010.05.16 (Sun)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
草笛の音次郎/山本 一力
草笛の音次郎 (文春文庫)草笛の音次郎 (文春文庫)
(2006/04)
山本 一力

商品詳細を見る



はー、面白い。

前回の喜八郎も魅力的な人柄だったけど、音次郎もたまらんのぅ。
舎弟になっちゃう気持ちがわかるよ。

人柄のいい人の周りには、同じように人柄のいい人が集まるんだよね。


いつの世も、男の人は女遊びするんだなーと。

はー、面白かった。


No:00532 ☆☆☆☆


お次も、ゴーゴー一力。



【2010.05.12 (Wed)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
損料屋喜八郎始末控え/山本一力
損料屋喜八郎始末控え (文春文庫)損料屋喜八郎始末控え (文春文庫)
(2003/06)
山本 一力

商品詳細を見る


んはー。面白いっ。
読書が楽しくて仕方がないよ。久々に夢中。

喜八郎も素敵なキャラクター。

山本一力さんの本は、心が曇らない。読んだ後に、スカッとする。
お天道様、ピカーンっ!って感じ。


No:00531 ☆☆☆☆


お次も、一力でいっ!
【2010.05.11 (Tue)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(1) // COMMENT(2)
蒼龍/山本 一力
蒼龍 (文春文庫)蒼龍 (文春文庫)
(2005/04)
山本 一力

商品詳細を見る


山本 一力、強化月間。


面白ーい。
久々に「他のことを差し置いて、読書をしたい」と思える作家。

短編集。
「蒼龍」 結果、どうなったのかが知りたい。でも、この塩梅がいいんだろうな。

その他4編も、はずれなく面白かった。
「のぼりうなぎ」「節分かれ」ちとホロリ。


No:00530 ☆☆☆☆


ベランダの陽だまりで、次は「損料屋」
【2010.05.08 (Sat)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
あかね空/山本 一力
あかね空 (文春文庫)あかね空 (文春文庫)
(2004/09)
山本 一力

商品詳細を見る


いやー、面白いっ!ofTheYearノミネート!

「山本 一力が面白い by高田純二」とのことで、手に取りました。


江戸のハナシ。
時代小説って苦手だから、大丈夫かなー?って思ったんだけど
そんな懸念は、どこへやら。

こんな面白い時代小説初めてだよー。

家族っていいな、ってことを改めて感じた。
オススメ本。


京やの豆腐が食べたいのー。


No:00529 ☆☆☆☆☆


まったく関係ないけど、無類の豆腐好きです。あたし。
【2010.05.07 (Fri)】 ☆☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
アイム・ファイン!/浅田 次郎
アイム・ファイン!アイム・ファイン!
(2010/01/28)
浅田 次郎

商品詳細を見る


No:00528 ☆☆☆

【2010.05.04 (Tue)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。