日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
02 // 2010.03 // 04
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
Anniversary50/綾辻 行人有栖川 有栖
Anniversary50 (アニバーサリーごじゅう) (カッパ・ノベルス)Anniversary50 (アニバーサリーごじゅう) (カッパ・ノベルス)
(2009/12/17)
綾辻 行人有栖川 有栖

商品詳細を見る


豪華短編集。

好きな作家:綾辻行人、有栖川有栖、宮部みゆき、横山秀夫
豪華~。

一番好きだったのは、横山英夫の作品かな。
他の3作品は・・・。


案外、好きな作家以外の作品が面白かった。
大沢在昌とか森村誠一とか。


これはカッパノベルズの50周年記念本らしいんだけど
あたし自身、カッパノベルズの本って、ほとんど読んだことなかったりする。
記憶違いかしら?



No:00519 ☆☆☆

スポンサーサイト
【2010.03.26 (Fri)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
警察庁から来た男/佐々木 譲
警察庁から来た男 (ハルキ文庫)警察庁から来た男 (ハルキ文庫)
(2008/05/15)
佐々木 譲

商品詳細を見る



道警シリーズ。

なんとなく「踊る」のイメージが浮かぶ。
キャリア官僚とか出てくるとね。

事件を、2つの側面から追っていて
どこでつながるんだーと読んでいてワクワク。


最後の「グッジョブ」って言葉・・・微妙。


No:00518 ☆☆☆


笑う警官が一番おもしろかったかもー。
【2010.03.24 (Wed)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
泣かないで、パーティはこれから/唯川 恵
泣かないで、パーティはこれから (文春文庫)泣かないで、パーティはこれから (文春文庫)
(2010/01/08)
唯川 恵

商品詳細を見る


初版が1999年の本なんだけど、古さを感じさせない。

貿易会社で働くOL。
社長が夜逃げして、突然失業。付き合っていた彼にも振られる。
この先、どうしていけばいんだろう・・・。

言いようのない寂しさとか、将来の不安とか。
なんか、わかる。。。


No:00517 ☆☆☆

【2010.03.21 (Sun)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
この世は二人組ではできあがらない/山崎 ナオコーラ
この世は二人組ではできあがらないこの世は二人組ではできあがらない
(2010/02/24)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る



No:00516 ☆☆☆☆
【2010.03.17 (Wed)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
わたしのマトカ/片桐 はいり
わたしのマトカ (幻冬舎文庫)わたしのマトカ (幻冬舎文庫)
(2010/02)
片桐 はいり

商品詳細を見る


フィンランド、行きたい。

No:00515 ☆☆☆

【2010.03.16 (Tue)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
おひとりさまのイエローページ/和泉昭子
おひとりさまのイエローページおひとりさまのイエローページ
(2009/02/18)
和泉昭子

商品詳細を見る



No:00514 ☆☆☆

【2010.03.16 (Tue)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
警官の血/佐々木 譲
警官の血〈上〉 (新潮文庫)警官の血〈上〉 (新潮文庫)
(2009/12/24)
佐々木 譲

商品詳細を見る
警官の血〈下〉 (新潮文庫)警官の血〈下〉 (新潮文庫)
(2009/12/24)
佐々木 譲

商品詳細を見る


シリーズ第2弾。

うー、1弾目が一番おもしろかったかなぁ。
3世代に渡る警察官のハナシ。

「このミス」本だから期待してたけど
あたしには、いまいち面白さが解らなかった。


No:00512,513 ☆☆☆

【2010.03.16 (Tue)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
あたしはビー玉/山崎ナオコーラ
あたしはビー玉あたしはビー玉
(2009/12/10)
山崎ナオコーラ

商品詳細を見る



なんてホンワカした本なんだろう。
読み終わった後、ホッコリしたよ。「青春」って感じで。

ビー玉の切ない恋心。
思春期の高校生の淡い気持ち。
読んでいて、懐かしいような切ないような気持ちに。


終わり方が微妙だったのは、残念。


No:00511 ☆☆☆


表紙が、電車の中で読むには、ちと恥ずかしい。。。
【2010.03.11 (Thu)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
警官の紋章/佐々木 譲
警官の紋章警官の紋章
(2008/12)
佐々木 譲

商品詳細を見る


道警シリーズ第3弾。 2作目をすっ飛ばしてしまった。。。

うーん、1作目>3作目 といった感じかな。
十分、面白いので、グングン読める。

最後は良かった。皆で一人を守る、みたいな。
でも、ちょっとキザで、一気に引いてしまった感もあり。


次は、2作目を。


No:00510 ☆☆☆
【2010.03.10 (Wed)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
世界一の美女になるダイエット/エリカ アンギャル
世界一の美女になるダイエット世界一の美女になるダイエット
(2009/04)
エリカ アンギャル

商品詳細を見る



ふむふむ。


No:00509 ☆☆
【2010.03.08 (Mon)】 ☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。