日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
11 // 2009.12 // 01
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
はあさっこofTheYear2009
2009年、はあさっこ的ベスト本の発表ですっ!





ダダダダダダダっダダダダダダダっダダダダダダダっ ←注:一人ドラムロール









ジャンッ!  ジャジャジャンっ!




「風が強く吹いている」 by三浦 しをん

泣きました!泣けましたっ!


今年は、約133冊、本を読んだようなので、133冊の中のベスト本。 うむ。



ノミネート作品は
・風が強く吹いている/三浦 しをん
・心の筋肉のほぐし方-たまには弱音を吐いたって…/阿奈 靖雄
・医学のたまご/海堂 尊
・阪急電車/有川 浩
・パコと魔法の絵本/関口 尚


「医学のたまご」も良かったなぁ。パコも。

今年は、私的常連 重松 清氏がノミネートならず。



来年もガシガシ読書楽しみたいです。


皆さま、良いお年を!


スポンサーサイト
【2009.12.30 (Wed)】 ofTheYear // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ニート/絲山 秋子
ニートニート
(2005/10/29)
絲山 秋子

商品詳細を見る


最後のハナシを読むまでは良かったんだけど
最後のハナシが何とも・・・。

最後の話し、必要ありますでしょうか???
章の初めに注意書きとか欲しかった。
そしたら、読まなかったのにぃぃぃぃ(涙)



No:00495 ☆☆
【2009.12.28 (Mon)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
いい加減な人ほど英語ができる/堀江 珠喜
いい加減な人ほど英語ができる (祥伝社新書 178)いい加減な人ほど英語ができる (祥伝社新書 178)
(2009/09/29)
堀江 珠喜

商品詳細を見る


あくまでも個人的な意見。

読んだという事実が残っただけ。
それ以上でも、それ以下でもない。


No:00494 ☆
【2009.12.24 (Thu)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
やっぱり今日も病んでいる―(注)うつ病/藤臣 柊子
やっぱり今日も病んでいる―(注)うつ病やっぱり今日も病んでいる―(注)うつ病
(2009/11)
藤臣 柊子

商品詳細を見る


No:00493 ☆☆



取り急ぎ、記録だけ。
【2009.12.19 (Sat)】 ☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
我等、同じ船に乗り心に残る物語―日本文学秀作選/桐野 夏生
我等、同じ船に乗り心に残る物語―日本文学秀作選 (文春文庫)我等、同じ船に乗り心に残る物語―日本文学秀作選 (文春文庫)
(2009/11/10)
桐野 夏生

商品詳細を見る


奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫)奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫)
(2009/11/10)
太宰 治

商品詳細を見る



双方、日本文学。

タイトルが、両方とも好き。

「我等、同じ船に乗り」
勝手な解釈だけど、「作家という船に」という意味なのかな、と。

芋虫、江戸川乱歩がグロくて好き。


「奇想と微笑」
太宰治、こんなお茶目な作品があるとは。

最初の、野菜畑のハナシで、心つかまれた。
んでもって、久々に&改めて「走れメロス」を読んだ。
「こういう話だったけか」と、新鮮に読んだ。


No:00491,492 ☆☆
【2009.12.19 (Sat)】 ☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
人狩り―連続殺人犯を追いつめろ!/コリン ウィルソン
人狩り―連続殺人犯を追いつめろ!人狩り―連続殺人犯を追いつめろ!
(2008/03)
コリン ウィルソン

商品詳細を見る


No:00491 ☆☆
【2009.12.19 (Sat)】 ☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ジョーカー・ゲーム/柳 広司
ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
(2008/08/29)
柳 広司

商品詳細を見る


読みづらい。
でも、嫌いじゃない。

犯人というか、先が読める。
のが、物足りない。


No:00490 ☆☆
【2009.12.07 (Mon)】 ☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
リビング/重松 清
リビングリビング
(2000/11)
重松 清

商品詳細を見る


重松ワールド。

ほんとうに、どこにでもありそうなニュータウンのハナシ。


好きだったのは、最後の話しかな。モッちん。
ふと、子供のメンタルって、あんなに強いんだろうか、と思った。
大人視点での子供描写かな。

「となりの花園 春・夏・秋・冬」も、良かった。 プリズンホテルby浅田次郎を思い出す。
特に旦那さんが。

最初は、鮮やかさが目について仕方なかった隣の花園。
最後には、鉢植えを1つ譲ってもらった隣の花園。新しい家族が増えた。
最後はホッコリ終わるのです。


No:00489 ☆☆☆☆
【2009.12.05 (Sat)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ブラザー・サン シスター・ムーン/恩田 陸
ブラザー・サン シスター・ムーンブラザー・サン シスター・ムーン
(2009/01/23)
恩田 陸

商品詳細を見る


素敵な小説だわー。エッセイみたい。
もしかして、綾音が小説家になったキッカケが、恩田陸のキッカケだったりして。なーんて。


ザキザキトリオそれぞれの思い、生活。


大学生時代を思い出す。ムクムクムクムク思い出す。


ミステリーじゃない恩田陸も大好きです。


No:00488 ☆☆☆☆
【2009.12.05 (Sat)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
鳥人計画/東野 圭吾
鳥人計画 (角川文庫)鳥人計画 (角川文庫)
(2003/08)
東野 圭吾

商品詳細を見る



うーむ。。。


No:00487 ☆☆
【2009.12.02 (Wed)】 ☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。