日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
02 // 2009.03 // 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
ゆずゆずり/東 直子
ゆずゆずりゆずゆずり
(2009/03)
東 直子

商品詳細を見る


あんまりタイプじゃなさそうだな…と思ったけど、手に取ってみた。


的中。タイプではなかった、残念。 でも、読み切った。




No:00392 ☆☆
スポンサーサイト
【2009.03.31 (Tue)】 ☆☆ // TRACKBACK(1) // COMMENT(1)
忙しい人ほどよく身につく「ながら」英語学習法/吉澤 康子
忙しい人ほどよく身につく「ながら」英語学習法忙しい人ほどよく身につく「ながら」英語学習法
(2002/10)
吉澤 康子

商品詳細を見る


「英語の勉強熱」に火をつけたいが為の読書。
ちーとだけ、お尻に火がついた。

「こんなツールがオススメだよ」の中にあった
「中・高校生時代の文法を復習できる本」を、早速購入しようと思います。

それとNHKのラジオ講座ね。
あと、通勤中のBGMね。


思い立ったが吉日。いざっ。


No:00391 ☆☆☆


もうすぐ21時じゃ。ラジオが始まるぞい。
【2009.03.31 (Tue)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
英会話学校に行かない人ほど、うまくなる/古市 幸雄
英会話学校に行かない人ほど、うまくなる英会話学校に行かない人ほど、うまくなる
(2006/10/27)
古市 幸雄

商品詳細を見る


以前、読んだことがあるけど、再度。
最近、英語の勉強してないな…と思い。もう1回、奮起したいな…と。

「あとがき」より抜粋…
・結局は、本人のやる気と努力次第
・教師、教材・サービスは補助的な役割しか果たさない
・結局は自分で努力して勉強するしかない
by Wells教授


ほんと、これに尽きる。 自分次第、努力次第。

この本には、「並大抵の勉強時間じゃ足りないよ」って書いてある。 その通り。
2年間みっちり、毎日4時間オーバーの勉強だったり。



ふぅ、奮起ならず…。


No:00390 ☆☆☆☆

【2009.03.30 (Mon)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
チェ・ゲバラの遥かな旅/戸井 十月
チェ・ゲバラの遥かな旅 (集英社文庫)チェ・ゲバラの遥かな旅 (集英社文庫)
(2004/10)
戸井 十月

商品詳細を見る


懲りずに、チェ。

この本を読んで、人間って誰しも孤独だな…と思った。 誰しもは言い過ぎかもしれんが。
第三世界のカリスマも、イチ人間であって。


命を落とすアンデス山中での移動、これは辛かっただろうな。
読んでいて、(漠然とだけど)情景が浮かんできた。
持病の喘息の薬もなくなり、他にも併発して
なおかつ明るい未来、先は見えなくて。


革命。
ここまで、彼を動かした強い気持ち・思想って何なんだろう?
当たり前だけど、本読むだけじゃわからんね。

ちと抜粋…
「チェ・ゲバラのという人間の最も優れた資質は何ですか?」
というジャーナリストの質問に、ゲバラの次女が
「人を愛する才能です」と答えた。
この短い言葉の中に、ゲバラという人間の全てが凝縮されていると私は思う。


あとがきの、この部分を読んで、激しく共感。



革命家ではなく、医者の道を進んでいたら、どんな医者になったかな。



No:00389 ☆☆☆☆

いつの日か、サンタ・クララへ
【2009.03.27 (Fri)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
冒険者カストロ/佐々木 譲
冒険者カストロ (集英社文庫)冒険者カストロ (集英社文庫)
(2005/11/18)
佐々木 譲

商品詳細を見る


先日、ゲバラの本を読んで、の影響。
無知無知なので。

はて?
読んではみたが、全然頭に入ってこない。
興味がないから、入ってこないのかしら。

それでも不思議と「読むのやめようかな」という気持ちには、一度もならず。
肌に合わない本は、読みたくなくなるのよね。

もうちょっと、色々読んでみたい。比較的興味津津。



No:00388 ☆☆☆

[READ MORE...]
【2009.03.24 (Tue)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
47都道府県 女ひとりで行ってみよう/益田 ミリ
47都道府県 女ひとりで行ってみよう47都道府県 女ひとりで行ってみよう
(2008/06)
益田 ミリ

商品詳細を見る


たまたま手に取った本なんだけど、
「旅好き」としては、お尻に火をつけられた。
ところどころに「クスリっ」と、笑いポイントもあり。

なーんか、妙に自意識過剰になっちゃうところとか
「わーかーるー」と、激しく共感。 って、ひとり旅したことないけど。


読んでいて「ひとり旅してみたーい!」と、テンション上がりますた。
しかも、まねっ子して47都道府県制覇!なんて、最高です。


旅の度に、旅で使った金額が書いてあるのも親切。
がしかーし、これ部分を見て「旅したーイ」熱がプスプスくすぶりますた。

だって、ヒトタビ5~8万近くかかっているのです。
当たり前なんだけど、「47都道府県?あちきには、ムーリー。」と、くすぶった(笑)


にしても、どんぴしゃドツボな本ですた。


No:00387 ☆☆☆☆☆

【2009.03.22 (Sun)】 ☆☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
WEEKEND BAKERIESのしっとり、もっちりベーグル/
WEEKEND BAKERIESのしっとり、もっちりベーグルWEEKEND BAKERIESのしっとり、もっちりベーグル
(2008/06/12)
横山 純子

商品詳細を見る


この本を見ながら、ベーグルを作りますた。上手にでけた。

ベーグル本、色々見たけど
あたしには、この本が合っているみたい


No:00386 ☆☆☆☆☆

【2009.03.21 (Sat)】 ☆☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
旅のおはなし〈2〉Bon Voyage/雅姫
旅のおはなし〈2〉Bon Voyage (天然生活ブックス)旅のおはなし〈2〉Bon Voyage (天然生活ブックス)
(2007/09)
雅姫

商品詳細を見る



No:00385 ☆☆
【2009.03.19 (Thu)】 ☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
七つの黒い夢/乙一、恩田 陸など
七つの黒い夢 (新潮文庫)七つの黒い夢 (新潮文庫)
(2006/02)
乙一恩田 陸

商品詳細を見る


7人のアンソロジー。

あまり作品を読んだことのない作家さんのストーリーの方が、印象に残りました。
つまるところ、乙一、恩田陸さん以外。

中でも
誉田哲也さんの「天使のレシート」
 短編とは思えない密度。
西澤保彦さんの「桟敷がたり」
 構成が巧み。
桜坂洋さんの「10月はSPAMで満ちている」
 ダークだけどほんわか。それこそグレーゾン。

アンソロジーは、あまし得意ではないんだけど
自分では手に取らない作家に出会えたりする。新しい道がね。


No:00384 ☆☆☆
【2009.03.19 (Thu)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
チェ・ゲバラわが生涯/エルネスト チェ・ゲバラ
チェ・ゲバラわが生涯―ヒューマン・フォトドキュメントチェ・ゲバラわが生涯―ヒューマン・フォトドキュメント
(2007/07)
エルネスト チェ・ゲバラ

商品詳細を見る


完全に映画の影響です。

こういう写真集的要素の強い 高めの本を読むとき
「図書館サイコー!」と、強く思う。 この本、約4,000円!

そこまで読みたい本ではないし
でも読めるんであれば、是非読んでみたいし、って本。


ゲバラ? 名前と顔は知ってる。なんとなく何した人かは知ってる。
キューバ革命? という、あたしの知識レベルだったので、
内容はすんなり入ってこないわけで。

でも、「写真+ゲバラからの手紙」って感じで読み進めていくと
素敵な本でした。暖かい人だな、と。


浅ーい知識を少し掘り下げてみようか、と意欲の湧く本でした。


No:00383 ☆☆☆☆
【2009.03.19 (Thu)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
阪急電車/有川 浩
阪急電車阪急電車
(2008/01)
有川 浩

商品詳細を見る


いい本です。ofTheYearノミネート!

読んでいて、心がホッコリホコホコ、温かくなる。


構成もいいなぁ。
途中駅で折り返して、みんな繋がっている。

往路で、「あーこの2人どうなるんだろう?」って思っていたら
思いがけず復路が始まり「こんにちは」的な。
素敵な本だよ。


それにしても、女子高生のアイロンのくだりは笑えた。
ツボすぎて、3回も読みなおしちゃった(笑)


この本、大好き。


No:00382 ☆☆☆☆☆
【2009.03.19 (Thu)】 ☆☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
イノセント・ゲリラの祝祭/海堂 尊
イノセント・ゲリラの祝祭イノセント・ゲリラの祝祭
(2008/11/07)
海堂 尊

商品詳細を見る



現代医療と行政のグレーな部分を書いた本。
本を通して、投げかけているのかも。


個人的には、なかだるみして辛かった。
田口、白鳥は必要かすら? 
まったく切り離した方が、良かったかも。


読んでいる最中のワクワク感はない。


No:00381 ☆☆
【2009.03.13 (Fri)】 ☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
悩む力/姜尚中
悩む力 (集英社新書 444C)悩む力 (集英社新書 444C)
(2008/05/16)
姜尚中

商品詳細を見る


むむむむ…。

むむ…。


漱石本?

個人的には、苦手なタイプ。
でも、読ませる力のある本だったなぁ。

筆者の考え方に好感が持てた。

あたしの場合
何度か読むと、この本の良さがわかるようになるかも。
でも、何度も読めるか?というと、
ご、ごめんなさい。。。といった感じで。



No:00380 ☆☆☆

【2009.03.06 (Fri)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。