日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
09 // 2008.10 // 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
ツバメ記念日―季節風*春/重松 清
ツバメ記念日―季節風*春ツバメ記念日―季節風*春
(2008/03)
重松 清

商品詳細を見る


季節風シリーズ。
この前読んだ「夏」の「春ver」ですな。

それぞれの短編集が「春」に関連してる。
やはり巧いです。

個人的には「夏ver」の方が、好きでした。

No:00338 ☆☆☆☆

スポンサーサイト
【2008.10.27 (Mon)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
鹿男あをによし/万城目 学
鹿男あをによし鹿男あをによし
(2007/04)
万城目 学

商品詳細を見る


これまた面白い。

純粋に、無駄なことを考えずに楽しめる本。


No:00337 ☆☆☆☆☆

【2008.10.27 (Mon)】 ☆☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ゴールデンスランバー/伊坂 幸太郎
ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


おもしろーい。

出だしは「重いなぁ」と思ったけど、
中盤から引き込まれ、グングン読んでしまった。

読んでいて、文章が 頭の中で映像化される感じ好きです。
これまた、主人公のキャラが いいのよね。

構成も巧いなぁ。
読み進めていて、「あっ。あれは伏線だったのか。巧い。」と思うところが多々。


途中の「だと思った」には、グッときた。
あと、主人公父のところね。 


最後、「どうくる?どうくる?これは、主人公の勝ち!で終わって欲しい」と思ったけど
そう人生甘くはないらしい(笑)
少し強引なラストだけど、これはこれでアリかと。 負けでないし。

最後の警察とのやりとりは、テンポが良くて、読んでて楽しかった。


いやー、面白かった。


No:00336 ☆☆☆☆☆
【2008.10.21 (Tue)】 ☆☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
バリ島完全移住/ハリーヌマクラ
楽園の達人がガイドするバリ島完全移住 (ミスター・パートナー’s BOOK)楽園の達人がガイドするバリ島完全移住 (ミスター・パートナー’s BOOK)
(2005/03)
ハリーヌマクラ

商品詳細を見る


先週、バリ島に旅行に行ってきた。「住みたい」と思った。
んで、手に取った本(ひじょーに単純)

読んでみて、厳しい現実がストレートに描かれていた。
ステイにおける「表」の部分じゃなくて、「裏」の部分を。
本当に知りたい情報って、こっちの情報なんだよね、実際。


ハリーさんの使用人たち、ちょっと面白い。でも、それがリアル。


簡単ではないことは、わかってる。それでも、夢が募る。
ビバ40歳くらいで早期退職(笑)


No:00335 ☆☆☆
【2008.10.19 (Sun)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
僕たちのミシシッピ・リバー―季節風*夏/重松 清
僕たちのミシシッピ・リバー―季節風*夏僕たちのミシシッピ・リバー―季節風*夏
(2008/06)
重松 清

商品詳細を見る


重松ワールド短編集。

短編なのに、内容が薄くない。キチンと感が。

・ささのはさらさら
・虹色メガネ
・風鈴
・その次の雨の日のために
・あじさい、揺れて
が、中でも好きだった。

電車の中で「ささのはさらさら」を読んでいたんだけど、必死に涙をこらえた。
自宅読みなら、号泣。
あたしも、20歳の頃、父が他界したので、この気持ちに涙してしまう。


素敵な本でした。


No:00334 ☆☆☆☆


やっとこさ、読書する余裕が、少し出てきたわい。
【2008.10.15 (Wed)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
私の男/桜庭 一樹
私の男私の男
(2007/10/30)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


うーん、よくわかんないや。

時系列が、過去に遡り、遡りっぱなしってのは珍しいなぁ
とは思ったけど。

ちと、読んでいて嫌悪感が。。。


No:00333 ☆☆

【2008.10.07 (Tue)】 ☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
悪人/吉田 修一
悪人悪人
(2007/04/06)
吉田 修一

商品詳細を見る


「寝なきゃ、寝なきゃ」で、2時間一気読みw
なんか、凄いです。 (自分の表現力が乏しくて泣ける)


登場人物たち限定で言えることは
「悪人の定義って、なんだろう?」ということ。

犯罪を犯した人=悪人
犯罪を犯していない人=悪人ではない

という単純な物差しでは測れない。


小説だから、それぞれを取り巻く背景が表現されていて。
日々、様々な事件が起こる日常だと、表面上の報道でしか判断が出来ない。



被害者家族と加害者家族の想いが、胸に痛かった。






No:00332 ☆☆☆☆
【2008.10.01 (Wed)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
情報は1冊のノートにまとめなさい/奥野 宣之
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」
(2008/03/12)
奥野 宣之

商品詳細を見る


「情報は1冊のノートにまとめなさい」
「はい」

と思わず言ってしまいそうになる。
とりあえずA6のチビノートを買いに行こうかとw

ノートに書くことまでは出来ても、DB化するとなるとハードルが高い。
ノートに書いたことを、PCで入力するとなると…うーん、手間だなぁ。

「DB化して、情報を引き出す」というところまでしないと
後で「どこに書いたっけ?」となったときに、探すのが大変。

これを習慣づけられたら、自身のパワーツールになることは、確か。


No:00331 ☆☆☆
【2008.10.01 (Wed)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
赤朽葉家の伝説/桜庭 一樹
赤朽葉家の伝説赤朽葉家の伝説
(2006/12/28)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


久々に、きちんと読書。面白かったです。

登場人物が自分の中でイメージになる。
イメージの中で、物語が展開していく。面白かったわぁ。

色の使い方が上手いなぁ、小説なのに。

No:00330 ☆☆☆☆
【2008.10.01 (Wed)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。