FC2ブログ
日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
03 // 2008.04 // 05
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
そして私は一人になった/山本 文緒
そして私は一人になった (幻冬舎文庫)そして私は一人になった (幻冬舎文庫)
(2000/08)
山本 文緒

商品詳細を見る


作者の日記本。
今でいうところの、ブログ本みたいな感じだろうか。
なんせ、1996年 12年前の本でした。

タイトルに惹かれて読んでみた。
山本文緒の本は、タイトルが好き。「恋愛中毒」とか「絶対泣かない」とかね。

そして、バツイチという境遇に共感したりして。


1996年、作者が32歳のときに初めて一人暮らしをしたところから日記スタート。
先日、角田光代さんの日記のような本「しあわせのねだん」を読んだんだけど、
「作家」という同じ職業でも、やっぱり生活スタイルって全然違うんだなぁ、と。

最後のインド旅行記が、面白かった。


あたしも、いつか実家を出て「一人で暮らしたい」と思う日が来るのだろうか。


No:00281 ☆☆☆
スポンサーサイト



【2008.04.11 (Fri)】 ☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】