FC2ブログ
日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
02 // 2008.03 // 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
負け犬の遠吠え/酒井 順子
負け犬の遠吠え (講談社文庫)負け犬の遠吠え (講談社文庫)
(2006/10/14)
酒井 順子

商品詳細を見る


「オレ、負け犬っす」

おっと、いかんいかんっ。「負け犬にならないための10カ条」を、いきなり破ってしまった。
この本曰く 第2条:「…っすよ」と言わない [オレ]も絶対やめておいた方がよいでしょう、とのこと(笑

なので、訂正 「私、負け犬よ」
って、とても悲しい、寂しい響きだわぁ。哀愁(笑

冒頭の「この本における負け犬の定義」で
「狭義には、未婚、子ナシ、三十代以上の女性のことを示します」って書いてあって
「おー、バツイチだからセ~フ」って思ったら、
即次の行に「離婚して今は独身という人も、もちろん負け犬。」って書いてあって、笑った。
いちお20代だから、ギリセ~フなんだけど。

なんか、この本、元気が出るよーな、凹むよーな(笑

「このまま一生一人だったら、どーすっぺかー」っていう思いを抱いているのが
あたしだけではない、という安心感。連帯感。
「一生、一人と言う覚悟も必要。周りから見た、ちみは負け犬。」という敗北感。

自分の気持ちが、あがったり↑さがったり↓忙しい本だった。
「そーそ、そーなのよう。」って、膝叩いちゃう勢いで共感できるところも多々あり。面白い。

なんていうか、思いっきり「負け犬街道、まっしぐら」な自分を痛感したりして(笑

とりあえず
・「…っすよ」に、気をつけよう
・腕は組まないように気をつけよう


てか「負け犬」って言葉が普及してしまった現代が、嫌ねぇ。
あれっ?これも遠吠え?


No:00271
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト



【2008.03.25 (Tue)】 ☆☆☆☆ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
夜は短し歩けよ乙女/森見 登美彦
夜は短し歩けよ乙女夜は短し歩けよ乙女
(2006/11/29)
森見 登美彦

商品詳細を見る


久々に「ギブあっ本」
って、ブログに書いてないだけで、結構途中で止めている本が、あるんだけどね。

うー、冒頭から「このノリ、キツイなぁ」と思って読んでいて
「せっかく、予約してて やっと来た本だし、がんばるベー」と思ってページを進め
でもやっぱり「うー、きつい~」と思って。
でも「森見 登美彦だから、いける!」と思って読み進めたけど、ダメでした。

テンポが合わなかった。残念。


No:00270
【2008.03.25 (Tue)】 ギブあっ本 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】