日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
10 // 2007.11 // 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
ジェネラル・ルージュの凱旋/海堂 尊
ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋
(2007/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る


文句なしっ! 面白い。 うぅ、待ちに待ったよ。

読んでて、映像が頭に浮かんでくる感じ。怒涛の勢いで読了。

次回作が楽しみだぁ。

No:00216

スポンサーサイト
【2007.11.30 (Fri)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
猫の神様/東良美季
猫の神様猫の神様
(2007/03)
東良 美季

商品詳細を見る


この本、ギブアップしたくないけどギブアッ( *゚д゚)♀ポン。

なぜって、この本
作者の他界した飼い猫への 想いや想い出が、書いている本かと。
去年10年近く飼っていた愛猫を亡くした あたしにはキツすぎるのです。

電車の中で読み始めたんだけど、10ページ目くらいで 普通に涙を流してしまったス。
あのまま読み続けていたら、嗚咽を漏らしていたと思われる。

読みたいけど、読めない。苦しすぎるわ。 
いつものギブアッ本とは違う、(色んな意味で)泣く泣くギブアッ本。


タイトル大好き。 「猫の神様」


No:00215


【2007.11.29 (Thu)】 ギブあっ本 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ぼくとネモ号と彼女たち/角田光代
ぼくとネモ号と彼女たち (河出文庫)ぼくとネモ号と彼女たち (河出文庫)
(2006/01/06)
角田 光代

商品詳細を見る


うーむ。この世界観は合わなかった…。残念。

途中でメゲそうになったけど読了。

主人公の彼の服装に時代を感じた。エアマックス95とか、リーバイス赤耳とか。
と思いきや、これ去年の本なんだぁ。およよ。 エアマックスとか懐かし~。

角田さんの「セミ」の本を爆笑問題が大絶賛していたので
図書館に予約したのだけど、なかなか順番回ってこないだす。

「国のない男」も大絶賛していたので借りてみたけど
あたしには合わなかったのでギブアッ本してしまったよ。
もっと、大人になってから、もう一度読んでみようと思う。

って、ネモ号の感想から脇道それそれ。 感想という感想がないんだもん…(泣

No:00214
【2007.11.27 (Tue)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
してみたい!世界一周/吉田友和
してみたい!世界一周してみたい!世界一周
(2006/09)
吉田 友和、松岡 絵里 他

商品詳細を見る


「週末海外」の作者の本。

世界一周をした何人かのミニ体験談が掲載されている。
これまた思っていた内容とは、相違が…。

「いつか世界一周したい」と、ほんのり思ってはいたけれど
「わしには無理だね」と改めて思った。

今の仕事を辞めて、飛び出す勇気がない。一生、飛び出すことが出来ないと思う。
仕事を辞めて、何年か放浪するってことが出来ない性格なんだな、あたすは。ちぇっ。

No:00213


【2007.11.25 (Sun)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
世界の祝祭日とお菓子
世界の祝祭日とお菓子世界の祝祭日とお菓子
(2007/01)
不明

商品詳細を見る


お菓子作りたくなりますね。
特に、表紙のパイとかね。意外と、簡単そうだったし。
あと、パンプキンタルトもー。

世界の祝祭日に食べられるお菓子の本。
見てるだけでポカポカ。

No:00212
【2007.11.25 (Sun)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
メディア・スターは最後に笑う/水原秀策
メディア・スターは最後に笑うメディア・スターは最後に笑う
(2007/10/05)
水原 秀策

商品詳細を見る


面白い!
「いやー、読書って楽しい」と改めて。

「このミス」大賞作品。いやんっ!面白い本いっぱいあるじゃん。
あれも、これも読みたい。とりあえず、この作者の他の本、予約しよう。


キャラの描写が好きだ。描写がイメージしやすいっす。
恭介は、実写するならMiyaviにやって欲しい。
始めから「この人、あやし~」と思っていた人が犯人ぽいぞってなったとき
「うしっ」とコブシを握りしめそーになった。最終的な犯人は、完全にノーマーク。

恭介の演奏を聴いてみたいと思っただよ。

奈緒も智子も、いいねー。


日本の過剰メディア、メディアの煽り が表現されている。
今の社会の膿でもあると思うんだよね。
結局、世論が「それ」を望んでしまうのも事実なんだけど。

恭介が放った「世間(世論)ってなんだよ。」的な言葉が印象に残った。
その後で、関係ないところで弁護士が、その答えを表現しているところもね。


単純に面白いだけではない、いい作品だと思いますた。



No:00211
にほんブログ村 本ブログへ
【2007.11.25 (Sun)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
絵で読むダンテ「神曲」地獄篇/平沢弥一郎
絵で読むダンテ「神曲」地獄篇絵で読むダンテ「神曲」地獄篇
(2002/04)
ギュスターヴ ドレ

商品詳細を見る


ふとしたきっかけで「ダンテ」を読もうと思い立った。

この本、とても読みやすいです。
冒頭にも書いてあるんだけど訳者が「子供が読むことも想定している」と。

いきなり「神曲」を読み始めたら、「ギブアッポ率高いなー」と思い
「漫画 日本の歴史」的な「神曲」バージョンがないかな?と出会った本。

地獄って怖いね、と改めて思いますた(笑
挿絵があるんだけど、それがまたちとビビるす。

この本、「煉獄篇」「天国篇」もあれば、すごく喜ばしかったのに。読みやすいから。


この本、読み終わって、普通の「神曲-地獄篇-」を読み始めたんだけど
3ページくらいで、とりあえず止めてみた(笑
「だってー、注釈多くて全然先に進まないんだもん。
かといって、注釈読まないと意味わからんし。ショボン。」
とな。

試験合格。読書解禁。むさぼるぜぃ。


No:00210
にほんブログ村 本ブログへ
【2007.11.23 (Fri)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
対岸の彼女/角田光代
対岸の彼女対岸の彼女
(2004/11/09)
角田 光代

商品詳細を見る


お、おもしろーい!
ココ2・3冊、当たりがなかったので、とても嬉しい。

2部構成になっていて、構成も面白い。「パズル・パレス」に、ちと似た作りかに?
この本は、「現在と過去」だけど。

学生時代を思い出してしまうねぇ。
最後の方で、小夜子と葵の関係が壊れたあたりから
「およ?およよ?このまま終わるのか? 心苦しい状態で終わるの?」と。
読んでて、ここら辺から、心がモンヤヤモンヤヤ曇りつつあった。

でも、最後 いい!終わり方、とても( - _ - )イイ!

心が、ほんわか で読み終わることが出来た。ガールの方にオススメな本。

No:209
にほんブログ村 本ブログへ



【2007.11.22 (Thu)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
いとしのヒナゴン/重松清
いとしのヒナゴン 上 (1) (文春文庫 し 38-5)いとしのヒナゴン 上 (1) (文春文庫 し 38-5)
(2007/09/04)
重松 清

商品詳細を見る

いとしのヒナゴン 下 (3) (文春文庫 し 38-6)いとしのヒナゴン 下 (3) (文春文庫 し 38-6)
(2007/09/04)
重松 清

商品詳細を見る


あれっ?3連続で、いまいちピンとこないぞ。とほほ。

これって、読書に集中しきれていないから?
読書しつつも、後ろめたい感じだからかな?
「あはっ。行き帰りの電車は勉強するって決めたのに本読んでるよ、あたし」ってな。

この本は、重松清なのに始めから拒否反応が…。
ヒナゴンって何だーとな。
キャラは、それぞれが引き立っててグーなんだけどね。おしいずら。
かなり頑張って、上下刊読んでみた。
なんか読書に飢えているので、面白くなくても途中でやめれんかったo(´^`)o

今週頑張れば、読書解禁。がははははー。
まぁ、試験落ちたら勉強継続だけどね(汗

No:00207,208
【2007.11.18 (Sun)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
週末海外/吉田友和
仕事が忙しいあなたのための週末海外!―サンデートラベラーの旅行&仕事術仕事が忙しいあなたのための週末海外!―サンデートラベラーの旅行&仕事術
(2007/07/20)
吉田 友和

商品詳細を見る


ご無沙汰しております、読書自粛中でございますが地味に読書。
週末にサクッと2泊3日くらいで海外に飛びたいもんだなーとは常々。


この本、期待はずれ。 というか、予想してた本の内容と違ったのねー。

純粋に2泊3日で行ける国が沢山書いてあって、値段の概算とかが載ってるのかと。
がしかーし、この本はノウハウ本ではなく筆者の旅日記だね。
2泊3日で行った海外は、ほんの一部だったし。
夏休みとかの長期休暇で行った国が、大部分を占めていたの。がっくり。

自分で道を切り開けってことか?

とりあえず、パラオに行きたくなったにょ。


No:00206
にほんブログ村 本ブログへ
【2007.11.17 (Sat)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
夜明けの縁をさ迷う人々/小川洋子
夜明けの縁をさ迷う人々夜明けの縁をさ迷う人々
(2007/09)
小川 洋子

商品詳細を見る


自習強化月間継続中につき、読書自粛中。
そんな中、隙をついて読んだ1冊。

うーん。。。。うーむ。

個人的には、うーん。。。。。 ありり?
久々の読書を、かなり楽しみにしていただけに残念だった。あたしのチョイスミス。
しいていうなら「留守番」の話し、好き。

短編ではなく、長編で読みたい感じ。
んでもって、この空気感は「注文の多い料理店」ぽいなぁ、と思った。
そーいえば「注文の多い料理店」、読み返そう×2と思っているのに、ついつい忘れてしまう。


早く、自習強化月間を終わらせて、読書に溺れたい。浴びるほど読みたい(笑


No:00205
【2007.11.09 (Fri)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。