FC2ブログ
日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
09 // 2007.10 // 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
流星ワゴン/重松清
流星ワゴン (講談社文庫) 流星ワゴン (講談社文庫)
重松 清 (2005/02)
講談社

この商品の詳細を見る


いや~いいっ!

カズとチュウさんの親子関係も、橋本親子も、カズと息子の関係も。
それぞれが、それぞれに切なく苦しい。
でも読み終わりは心地いい。

電車の中で目に涙を溜めながら読んでしまうま。恥ずかしや。
あたしも橋本さん親子のオデッセイに、いつの日か乗りたいです。
過去をいじることは出来ないけれどターニングポイントで もがきたい。
カズのように。

カズが過去を変えることは出来ないとわかっているけれど
途中から、もがきだしたあたりからグッと面白くなってきた。
チュウさんに厳しい言葉を言ってしまったカズにイラッとしたりして。
チュウさんが何時でも「親だな。親の暖かさだな。」と感じさせてくれた。

家族って、親子っていいな、と改めて思った。
自分が親になった時に、また読み返したいと思う。
また違う角度で、この本を楽しめるのではないかな?


No:00192
にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト



【2007.10.08 (Mon)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】