FC2ブログ
日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
01 // 2007.02 // 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
すべての愛について/浅田次郎
すべての愛について すべての愛について
浅田 次郎 (2006/12/13)
河出書房新社

この商品の詳細を見る


仕事が忙しくて読書がままならない。 (((´・ω・`)

久々に読んだのに、途中で読むのやめた。

浅田次郎は大好き。
プリズンホテルシリーズ大好き。はたまた鉄道員系も大好き。

表紙と題名に引かれて手に取った。
浅田次郎が色々な愛、恋愛だったり家族愛だったり友情だったり についての想いを綴ってる本かと、勝手に想像。

対談集だった。うーん、対談集とかは あんまスキくない。残念。
浅田次郎の生い立ちとか、読まない方が良かったかも。
読んでしまったから仕方がない。

作家の生い立ちとかは、勝手に自分の中でイメージがあって。
浅田次郎のイメージが180度、くるりとな。


根本的に、この本も勝手にあたしが こんなんだろうな?こんなんだったらいいな?
と思って読み始めたのが一番の間違い。てへへ。


今、ラジオで爆笑問題の太田さんが司馬遼太郎について熱く語ってた。
司馬遼太郎も今度、読も。


うーん、読書する時間があるのとないのじゃ大きく違うな。
物理的に時間がないだけじゃなくて精神的にも ゆとりがない。


No:00108
スポンサーサイト



【2007.02.28 (Wed)】 ギブあっ本 // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】