FC2ブログ
日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
11 // 2006.12 // 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
東京拘置所のすべて/坂本敏夫
元刑務官が明かす東京拘置所のすべて―取り調べ、衣食住、死刑囚の処遇…知られざる拘置所暮らしの全貌 元刑務官が明かす東京拘置所のすべて―取り調べ、衣食住、死刑囚の処遇…知られざる拘置所暮らしの全貌
坂本 敏夫 (2006/03)
日本文芸社

この商品の詳細を見る


なんで、この本を手に取ったかは我ながら謎。

内容が薄い・・・気がした。
表紙に「元刑務官が明かす東京拘置所のすべて―取り調べ、衣食住、死刑囚の処遇…知られざる拘置所暮らしの全貌」
って書いてあったから、期待したけど薄い。

ほぼ流し読み。

正直、東京拘置所って何なのかよくわからない。読んだけど流し読みだったし。
刑務所とは、違うのかな?
ホリエモンが連れていかれたところってのは、わかったけど。

感想書けるほど、真剣に読めなかった。がちょーん(_´Д`)


No:00096
スポンサーサイト



【2006.12.28 (Thu)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
殺人の門/東野圭吾
殺人の門 殺人の門
東野 圭吾 (2006/06)
角川書店

この商品の詳細を見る


うん、面白い。東野圭吾、ハズレなし。

にしても暗いなー、この本。主人公、しっかりしろよーと終始モヤモヤ。
結果、田島の人生は倉持の手の中で転がされていたって事だよね?

あたしが主人公なら死にたくなるな、きっと。
やっと幸せになれそうだと思ったら不幸がやってきての繰り返し。
でも、途中で気づく気がする。後ろに倉持がいるって。

最後、読者への投げかけで終わった感じだけど
田島は殺人の門を越えなかった気がする、あたし的には。
何度も越えそうになったけど越えなかったし。

きっと、もう倉持に左右されることはないから
門を越えずに自分の意志で生きていって欲しい気がする。


途中の詐欺の話当たりは「またかよ」と思い、ちょっとげんなり。
家具屋に倉持がきたときは「きたよ、またきたよ」と倉持出てくんなー、これ以上 田島を苦しめんなーと。


主人公の親が歯医者を選んだ理由に妙に納得。


読んでる最中も、読んだ後も何故か心が重い。


No:00095


にほんブログ村 本ブログへ
【2006.12.28 (Thu)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
死刑囚ピーウィーの告白/ドナルド・ギャスキンズ
死刑囚ピーウィーの告白―猟奇殺人犯が語る究極の真実 死刑囚ピーウィーの告白―猟奇殺人犯が語る究極の真実
ドナルド ギャスキンズ、ウィルトン アール 他 (1997/06)
扶桑社

この商品の詳細を見る


猟奇殺人犯の本て何人か読んだけど、これは何つーか・・・嘘でしょ?と思った。

終始、ドン引き。井の中の蛙だよー、このしと。
自分が、どれだけ刑務所のなかで力をはべらしていて、
警察は愚鈍で、自分は こんなにすげーです ってことを主張している本。


普通に考えて、そんなに人殺せないでしょって思うけど
普通じゃないから殺せるんだろうなーと。

目撃者である被害者を殺してしまえば捕まらないっていう発想が既にずれているんだよね。
むむん。

この犯人の頭の中はSEXオンリー。そこからしてズレてる。
てか全てがズレてる。
犯罪心理研究の貴重な素材ってあとがきに書いてあったけど、その通りだに。

役者あとがきの冒頭に
「これは、もう読んでいただくしかない本である」って書いてあったけど、これまたその通り。
読めばわかるって感じです。


にしても、こういう本大好き。犯罪心理学、勉強したかったなぁ。



No:00094


【2006.12.28 (Thu)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】