日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
09 // 2006.10 // 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
おれは非情勤/東野圭吾
おれは非情勤 おれは非情勤
東野 圭吾 (2003/05)
集英社

この商品の詳細を見る


文庫本って、あっという間に読み終わる。

ストーリは小学6年生とかに掲載していただけあって、軽いミステリー。
子供向けにしては、よく出来ている内容だと思う。手抜きがない。

トリックは複雑なものではなく、注意深く読んでいれば解決できるレベルのもの。
それでも消化不良にならず、それなりに楽しめた。

非常勤かと思って読んでいたけど、タイトル非情勤なのね。
主人公は非常勤だから深く関わらず、そして問題のないよう過ごすのがポリシーみたいだけど
案外、情深く面倒見のいいセンセだと感じた。

さくっと読むには、いんでないでしょーか?
表紙の絵も好き。


No:00072
スポンサーサイト
【2006.10.29 (Sun)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
深呼吸の必要/長田弘
深呼吸の必要 深呼吸の必要
長田 弘 (1984/01)
晶文社

この商品の詳細を見る


これからも、たまにページを開きたい本。

色々考えさせられるなぁ。

詩集って めったに読まないけど、これは素敵な本です。


No:00071
【2006.10.28 (Sat)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ウルトラ・ダラー/手嶋龍
ウルトラ・ダラー ウルトラ・ダラー
手嶋 龍一 (2006/02/28)
新潮社

この商品の詳細を見る


結構売れた本なので、期待度たかしで読み始め・・・・は、肌に合わねぇ(*°ρ°)

若干肌になじんできたかも・・・と思って、しばらく読み進めると、やっぱ合わねぇみたいな。

ストーリー的には、ミリオンダラーを超える、99.9%本物に近いウルトラダラーという偽札を巡っての話し。

最後も麻子さんは白なのか黒なのかハッキリせず。
読者の主観にまかせるというのであれば、黒であって欲しいが、きっと白でしょ。という結論。

期待しすぎた。北朝鮮がどーのこーのとか興味ねーし。
読んでても他の事に気が行ったりしてたなぁ。


そーいえば、あたしって恋愛小説全く読まないな。と ふと思った。
年間に読む本の3%くらいだね、きっと。
これは!っていう恋愛小説読んでみたい。
恋愛小説ってベストセラーや週間ランキングに入りにくいジャンルだから
あたしの目には止まらないだけかも。


ウルトラダラーって響きは好き。すごく。ウルトラって響きがたまらん(笑
生涯一ウルトラガールになろ。


No:00071
【2006.10.28 (Sat)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ガール/奥田英朗
ガール ガール
奥田 英朗 (2006/01/21)
講談社

この商品の詳細を見る


やっぱ奥田英朗、面白い。
奥田英朗の本で表紙がこういう感じの本は、いまのところハズレが多かったから、若干逃げ腰だったけど・・・面白い。

奥田英朗って男の人なのに、なんでこんなに女の人の視点で書けるんだろう?
素晴らしいね。

「ガール」いい。あたしも生涯一「ガール」でいたいなぁ、と。
確かに、もうギャルではない。かと言ってレディでもないし。
それに「ガール」って響きがいい感じ。

「マンション」も良かったなぁ。
確かに35近くになって一人身だったら、お金もそこそこたまってるし
不動産を欲しくなるのも分かる気がする。
その反面、結婚を諦めたようで、世間にそう思われるのも痛いなってのも分かる。

「ワーキングマザー」も良かった。
内容的には大好きだけど、しいていうなら会社の人達がこんなに暖かい職場ってなくね?と思った。
小説だから許される世界感だね。それもまたよしっ!

あたしも定年まで働いていく気満々だから、きっとこういう場面に直面することが
今まで以上に多くなると思う。そんな時、主人公達みたいに小気味よく生きていけたらいいですな。


女の人なら、この本読んで「わっかるな~。そうそう。」って感想を持つ人が多いと思う。

やっぱ30で一人身で、結婚する気配もないと世間の目ってのが
辛くなってきたりするんだろうな。

いつか、あたしも30代になって、今よりもっとこの本の主人公に感情移入ができる気がする。
30代になったら、もう一度読もう。

若さには勝てないよな~(笑 若さって、お金で買えないし。

あたしは、とりあえず1度結婚したからいっかなーと。
失敗して、これからバツイチになる訳だけど。

読んだ後の爽快感というかスッキリした感じが、すごく好きです奥田英朗。
とてもイイ作品。


No:00070
【2006.10.26 (Thu)】 // TRACKBACK(1) // COMMENT(3)
超・殺人事件―推理作家の苦悩/東野圭吾
超・殺人事件―推理作家の苦悩 超・殺人事件―推理作家の苦悩
東野 圭吾 (2004/04)
新潮社

この商品の詳細を見る


新しい。

超税金対策殺人事件とか、笑えた。これが、ほんとに東野圭吾が税金対策のために書いてたら笑える。
税金対策が故にストーリーとんでもないことになってるし(笑

2話目は、表紙に「肌の合わないひとは読み飛ばしてください」て書いてあって、小さく吹き出した。新しいなぁ~(笑)って思って。
読んでみたら、肌に合わなかったので読み飛ばさせてもらった(笑
すげー、そこまで読んでるか東野圭吾!

超予告小説事件も、中身ももちろん◎だったけど
オチが、そうきたかっ!ッて感じで、いいっ!

推理作家の苦悩がよくわかりました(笑


うーん、短編集であっという間に読める。面白い。
ふとしたときに読むには最適かもしれない。


No:00069
【2006.10.22 (Sun)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
どちらかが彼女を殺した/東野圭吾
どちらかが彼女を殺した どちらかが彼女を殺した
東野 圭吾 (1999/05)
講談社

この商品の詳細を見る


東野圭吾のミステリーを初めて読んだ。うん、面白い。

途中から、兄さんの復讐かぁ・・・よくない展開だぞと思ったけど
終盤からガッツリ盛り上がってきてグー。

犯人が、あっちいってこっちいって・・・かと思ったら またこっちきて
あっちいって。
おー、どれが真相じゃ~てな感じで。
おいおい結局自殺かいっ!と思ったら、こっちが犯人です。みたいな。
えー、こっちじゃなくてあっち~?的な。

読んでて最後の方、すげー面白かった。

読み終わって、題名と表紙に納得。ナイスチョイスです。

東野圭吾の本って、まだ5冊しか読んだことがなくて
まだまだ読んでない本がたくさんあるので嬉しい。
取り急ぎ読みたいのは・・・「手紙」と「秘密」。
「白夜行」も東野圭吾なんだー。へー。
どんな話しかは知らないけど、ドラマになってた記憶が。
「秘密」も映画になってたよね、確か。広末が出てた?
「手紙」も映画になったし。映像化しやすいのかな?
というよりイイ本を書く人なんだろうな。うーん楽しみっ♪

次も東野圭吾のミステリーを読む予定。
あと、同期が本を貸してくれたので、それも読まねば。

勉強しなきゃいけないのに。勉強し始めたら本、しばらく読めなくなるなーとか思ってしまう。
自分が勉強しないのを、ちと本のせいにしてみたりして。
我ながら情けない。
勉強して資格とったら、それからは一生本を好きなだけ読み続ければいいだけの話なのに。
たった半年の我慢なのに。おもーい腰が持ち上がらんっ!

今のとこ自分的にハズレのない作家。ひがしのりん大好き。


No:00068
【2006.10.21 (Sat)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
夢のなか、いまも/宮崎勤
夢のなか、いまも 夢のなか、いまも
宮崎 勤 (2006/02/17)
創出版

この商品の詳細を見る


表紙の写真、こわー。



No:00067



[READ MORE...]
【2006.10.20 (Fri)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
孤宿の人/宮部みゆき
孤宿の人 上 孤宿の人 上
宮部 みゆき (2005/06/21)
新人物往来社

この商品の詳細を見る


うん、おもしろい。
宮部みゆきの時代物(本所深川ふしぎ草紙とかの)は大好き。
例にもれず、面白いと思う。
下巻になってから、読んでるときにイライラする出来事があって、
ほとんど頭に入らなかったのが痛いけど、ラスト泣けるー。いいっ!!!

「ほう」をとりまくみんなが暖かくて、心が和む。
最後は、悲しい結末で「うさ~(泣」って感じですた。
渡部もイイ奴よの~。加賀さまも素敵。
最後の方、どんどん話がびっくらな方向に進んでいって楽しい。

やっぱ宮部みゆきって、おもちろ。
ブレイブストーリって読んだっけかな?まだ読んでない本ありそうだから読もー。
楽しみ(*^_^*)

No:00065,66


【2006.10.19 (Thu)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
県庁の星/桂望実
県庁の星 県庁の星
桂 望実 (2005/09)
小学館

この商品の詳細を見る


楽しく読めた、非常に。
これって、映画になってたんですね。知らなかった。織田裕二と柴咲コウかぁ・・・。
イメージと違うなぁ。ノムノムは、織田裕二じゃないっしょー。もっと若手でしょー。
逆に泰子は柴咲コウじゃ若すぎでしょー。
って、本とは内容が違うのかな?

本を読んで、これ映像で見たいって本があるけど、この映画はちーとも見たくないのぅ。
本のほうが確実に面白いと思う。

1年間がアッという間で、もっと深く読みたかったな、という気持ちもあり。
上下巻とかにして、もっと読みたかった。

こんな熱いスーパーがあったら楽しいだろうな。つかハッピーマンがタダで商品あげるって笑えた。

店員のみんながノムノムによって変わっていって、同時にノムノムもイイ方向に変わっていって。楽しかった。
中でも陳さん、お気に入り。部長も好きかも。金さんも、ルブカも。
って、それぞれのキャラが確立されてて、魅力的な登場人物が多かった。

最後、泰子の息子 学とノムノムが絡んでくるあたり、にくい。
続編がでたら嬉しいな。


あっという間に読んでしまった。


No:00064
【2006.10.10 (Tue)】 // TRACKBACK(1) // COMMENT(1)
明日の記憶/荻原浩
明日の記憶 明日の記憶
荻原 浩 (2004/10/20)
光文社

この商品の詳細を見る


期待しすぎた・・・。
すごい見たい映画だった。きっと号泣する映画だろーなぁと思って。

主人公が若年性アルツハイマーと診断されてから
必死で日々のことをメモにとり、そのメモでポケットがパンパンになるとことか
行きなれた道で迷子になってしまうところとか、胸が痛くなった。
あと、自分で老人ホームに見学にいくところとか、奥さんに迷惑かけないように。
でも読んでて苦しくなる。切なくて。

もっと深い本かと思った。
本読んで号泣するかと思って期待しすぎたなー。

あと表紙が映画の映像なのも、残念なーりー。

アルツハイマーって、癌みたいに現代の医療レベルでは治らない。
少しでも早く病気を治せる時代になって欲しいな、みんなのために。

No:00063
【2006.10.08 (Sun)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ハリー・ポッターと謎のプリンス/J. K. ローリング
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6) ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
J. K. ローリング、J. K. Rowling 他 (2006/05/17)
静山社

この商品の詳細を見る


うん、面白い。

ポッターって読むと、いつも映像が見たいなーと思う。
シリーズ6も映像が見たいなー。

内容は、最終章への布石って感じで「うー、続きが読みたいよー」と。
先が、気になるよー。いつごろ、発売されるんだろ?
最終章が出る頃には、シリーズ6の内容あんま覚えてないんだよね、きっと。

やっぱ、スネイプは悪いやつじゃーんって結論だけど
最終章では、味方でしたってオチだね。
マルフォイを、なんとかして欲しい。最終章では死ぬ、とかね。
改心しましたーじゃ、つまらん。正義は勝つってことで死んで欲しい。
もしくはアズカバン送りとかね。


最終章、楽しみだよー。


No:00062
【2006.10.06 (Fri)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
その日の前に/重松清
その日のまえに その日のまえに
重松 清 (2005/08/05)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


いい!非常にいい!

構成とかも、すごく好きな感じ。文章の書き方も。内容も。
はあさっこofTheYear ノミネート作品だわ、これ。最優秀候補だわ。
(なんだよ、はあさっこofTheYearって感じですが・・・)

あたし自身、大学生の時に父をガンで亡くしているので、余計に胸にガンガン響いてきた。
悲しくて胸が痛くなる話しなんだけど、重たくなりすぎていない。
読んだ後も、悲しみにどっぷりではなく、純粋に「あー、いい本だ。」と思える。
素晴らしい!この本を読んでよかった。大げさに言うと、この本を読まずして死ななくて良かったw
大絶賛でございます!

人に薦めたい本。人に薦められる本。素晴らしいO(≧∇≦)O


No:00061



No:00061
【2006.10.02 (Mon)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。