FC2ブログ
日々、読んだ本の記録です。 つたない読書感想文を書いていきます。
07 // 2006.08 // 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アシュリー ~All About Ashley~/アシュリー・ヘギ
アシュリー ~All About Ashley~ アシュリー ~All About Ashley~
アシュリー・ヘギ (2006/02/14)
扶桑社

この商品の詳細を見る


テレビでアシュリーの特番があると、必ず見てしまう。
本屋で、この本を見つけて思わず手に取った。

月並みなことしか言えないけれど、強いな アシュリーは。
ポジティブな考えの大切さ、重要さを痛感した。パワーをもらった気がする。
テレビでアシュリーの番組を見た後も、いつもパワーもらってる気がするなー。
これは子供に読ませたい本かも。って子供いないけどw

切ない。


No:00048




スポンサーサイト



【2006.08.25 (Fri)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
むかし僕が死んだ家/東野圭吾
むかし僕が死んだ家 むかし僕が死んだ家
東野 圭吾 (1994/05)
双葉社

この商品の詳細を見る


題名から、漠然とイメージしていた内容と違くて、いい意味で裏切られた。面白い。

僕の死んだ家だから、僕の話かと思いきや 僕の昔の彼女の死んだ家。
そして、僕も死んだのかもしれない、あの家で。
誰もがそういう昔死んだ家を持っているのではないかっていう提言だけど
あたしは、持ってない。死んでない、昔。 現実、死んでないからって訳ではなく
彼の言う死んだ家という観点では、あたしは持ってない。

読んでて、薄々これはこうだべさーって思ってて、途中までは推理があたっていたけど
最後の重要なところが間違っていた。残念。 やるな東野w


東野さんの本って、今のとこハズレがないなー。楽しめるなー。



No:00047

【2006.08.25 (Fri)】 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
エンド・ゲーム―常野物語/恩田陸
エンド・ゲーム―常野物語 エンド・ゲーム―常野物語
恩田 陸 (2005/12)
集英社

この商品の詳細を見る


常野シリーズ、これ読んでなかった。
これって、完結なのかしら?エンド・ゲームだけに。
でも終わり方は、これにて終了!って感じでもなかったし・・・。

最後の最後で どんでん返し。最後のほうは、もう一度読み返した。
この前、「光の帝国」読んどいて良かった気が。裏返す、裏返されるの話しが入ってきやすかったので。

現実に、こういう能力の一族がいたら、怖いなぁ。
って自分が一族側だったら。
いきなり、街の人がピンボールとかになったらチビる。多分。
ピンボールなら まだいいけど 頭がでっかいイチゴの人とか見えたら失神する。チビりまくる。
しかも、いつ裏返されるかビクビク生きていくなんて、こわー。
普通の一族で良かった。って、あたしは何の話しをしてるんだ?w


なんにせよ、恩田陸ワールドを堪能できますた。


No:00046


【2006.08.25 (Fri)】 // TRACKBACK(1) // COMMENT(1)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
はあさっち
  • はあさっち
  • せっかくだから、読んだ本綴っていきまーす。
    好きな作家↓
    原田宗典
    綾辻行人、我孫子武丸、有栖川有栖
    宮部みゆき、恩田陸

    「離婚までの記録」では、日常綴ってます。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
 
Copyright © 2005 読んだ。読んだ。読んだ。 All Rights Reserved. 【 / 】